Windows 10(64bit)での必要なメモリ容量とは
少し古いDDR3 メモリ

2020/12/01公開 パソコンはメモリ容量が不足すると応答が遅くなるため、使用目的に合わせて充分なメモリ容量が必要になります。

では、パソコンでの必要なメモリ容量はどのくらいなのでしょうか。

ここでは実際のメモリ使用量を確認して必要なメモリ容量を紹介します。

実際のメモリ使用量の確認

実際のメモリ使用量
実際のメモリ使用量

これはWindows 1064bit)のタスクマネージャーを起動してメモリ使用量を確認したものです。

タスクマネージャーでメモリ使用量を確認するときは、「使用中」ではなく「コミット済み」に注目する必要があります。

「使用中」のメモリは「4.0GBなので一見すると4GB×1枚でもメモリ容量はギリギリ足りそうにも見えますが、実際には「コミット済み」が「5.1GBなので6GB以上ないとパソコンの使用感に影響が出ます。

そうすると4GB×1枚と2GB×1枚で6GBとするか、4GB×2枚で8GBにするまたは8GB×1枚とすることでメモリ容量が足りることになります。

コミット済みが5.1GBのときにパソコンをどのように使用していたのかは次の通りです。

パソコンの使用状況
・Microsoft Edge(ブラウザ)でタブを9開く。
・Excelファイルを1開く。
・Wordファイルを1開く。
・タスクマネージャーの起動。
・リソースモニターの起動。
特に重いソフト(アプリ)を使用しているわけでもなく、ブラウザのタブも調べごとをしていて9開いているだけです。
さらにタスクマネージャーとリソースモニターの合計メモリ使用量は約70MBだったのでメモリ使用量への影響はほとんどありませんでした。 ※1GBは1024MBです。
正直たったこれだけの使用でメモリ使用量は4GBを越えてしまいます。
メモリ容量が少なくなるとストレージにページファイルが作成されることでレスポンス(応答)が悪くなり、使用感に大きく影響が出てしまいます。
ではメモリ容量が8GBあった場合はどのくらいパソコンの使用が可能になるのでしょうか。

Google Chromeでのメモリ使用量

Excelファイルを5、Wordファイルを5、PowerPointファイルを1開いた状態を“ベース”として確認しました。

ベースのメモリ使用量
ベースのメモリ使用量
Google Chromeでタブを開く
メモリ使用量(GB ベース C10 C20 C45
使用中 3.7 5.5 6.8 7.8
コミット済み 3.7 5.8 7.6 9.8

※「C」はGoogle Chromeで後に続く数字はタブを開いた数です。

Google Chromeでタブを10開いたとき
Google Chromeでタブを10開いたとき
Google Chromeでタブを20開いたとき
Google Chromeでタブを20開いたとき
Google Chromeでタブを45開いたとき
Google Chromeでタブを45開いたとき

Microsoft Edgeでメモリ使用量

ブラウザをMicrosoft Edgeに変更して確認しました。

Microsoft Edgeでタブを開く
メモリ使用量(GB ベース Ed10 Ed20 Ed45
使用中 3.7 5.1 6.8 8.1
コミット済み 3.7 5.6 7.5 9.5

※「Ed」はMicrosoft Edgeで、後に続く数字はタブを開いた数です。

Microsoft Edgeでタブを10開いたとき
Microsoft Edgeでタブを10開いたとき
Microsoft Edgeでタブを20開いたとき
Microsoft Edgeでタブを20開いたとき
Microsoft Edgeでタブを45開いたとき
Microsoft Edgeでタブを45開いたとき
結果
・Google ChromeとMicrosoft Edgeのブラウザによるメモリ使用量の差はほとんどない。
・メモリ容量が8GBの場合は開けるタブは20程度。 ※ほかのソフト(アプリ)を起動しているとき。

Microsoft Edgeでどのくらい開くことができるタブ数

次にブラウザのタブについてMicrosoft Edgeでどのくらい開くことができるかを確認しました。

メモリ使用量(GB ベース Ed1 Ed10 Ed30 Ed40 Ed50 Ed60
使用中 2.5 2.9 3.8 5.0 5.5 6.3 7.1
コミット済み 2.5 3.1 4.4 6.3 7.1 8.0 9.2

※「Ed」はMicrosoft Edgeで、後に続く数字はタブを開いた数です。

ベースはExcelファイルを1開いた状態で確認しました。
ベースのメモリ使用量
ベースのメモリ使用量
Microsoft Edgeでタブを1開いたとき
Microsoft Edgeでタブを1開いたとき
Microsoft Edgeでタブを10開いたとき
Microsoft Edgeでタブを10開いたとき
Microsoft Edgeでタブを30開いたとき
Microsoft Edgeでタブを30開いたとき
Microsoft Edgeでタブを40開いたとき
Microsoft Edgeでタブを40開いたとき
Microsoft Edgeでタブを50開いたとき
Microsoft Edgeでタブを50開いたとき
Microsoft Edgeでタブを60開いたとき
Microsoft Edgeでタブを60開いたとき
Microsoft Edgeでタブを50開いたときにコミット済みが8.0GBとなり、タブを60開くとコミット済みが9.2GBとなりました。
結果
Microsoft Edgeでメモリ容量8GBの場合に快適に開くことができるタブは50程度。 ※ほかのソフト(アプリ)を起動していないとき。

まとめ

メモリ消費の少ないソフト(アプリ)やインターネット閲覧時のブラウザのタブを複数開く程度の使用方法であれば、4GBでは厳しいですが8GB以上あれば良いと言う結果となりました。

ただし別のパソコンでWindows Updateだけでコミット済みが6.5GBとなるときもあったので、おすすめは16GB以上となります。

パソコンは使用目的や使用方法によってメモリに必要な容量も変わってきます。

今回は開くことができるブラウザのタブ数に注目しましたが、メモリ消費が多いと言われている3Dゲームや動画編集が使用目的の場合は16GBでも不足することが予想されます。

購入するパソコンによっては後からメモリの増設や変更ができない製品もあるので、購入時に少し容量を多くしておくことも検討する必要があります。

まとめ
・Windows 10(64bit)でのメモリ容量は8GB以上が良い。
・おすすめのメモリ容量は16GB以上。
・ただし動画編集などの用途では16GBでも不足することが予想される。
おすすめの記事